2017年11月20日

潤うパワー最強kikimateクレンジングジェルは香りでも癒してくれる ♥中高年の味方です

ターゲットが多分、若いお嬢様なんでしょう。サイトに行くと、どど〜〜んと、目がおっきい〜〜イマドキなお嬢さまのインスタグラムなどがでてますが、ここでひるんではいけません(@_@)

kikimate.jpg

「潤う」という謳い文句をみてもわかるように、若い子に独占させるのはもったいない!!
「あれから30年!」な、我々世代にこそ?有効なクレンジングジェルです(^o^;)

失礼ながら、あまり有名なブランドさんでもないし、さほど期待していなかったのですが・・・これが、稀に見るクリーンヒット

kikimateBox.jpg

初回だけは、と〜〜ってもお得に購入できますので、チープな印象があるかもですが、実際には5000円近い製品で、実力も5000円クラスだと思いました。

昔は、ジェルクレンジングはどれも似たようなもの、と思っていましたが、けっこう違います。

たとえば、乾いた手でないとダメというクレンジングジェルと
濡れていてもOKという2タイプがあるんですが

kikimateほかジェル.jpg

kikimateは、塗れた手でも大丈夫というお利口さんタイプなのが、まず嬉しい(^.^)/

キキメイトのウリである「潤い」ですが、これも、今まで使ったジェルの中ではまごうことなくダントツです。

同梱のパンフレットに「ソープナッツ」とシャンプーによく使われている「ラウレス硫酸Na」の対比が載っていましたが、実際には一日4回も洗わないとはいえ、数字にも表れるみたいですね。

kikimatePanf.jpg

ゲルも天然素材を多く配合しているらしく、使っていてあまり嫌な感触でないのは、そのせいかもしれません。

成分は、まぁ、とりあえずイヤなものがないか、確認程度のことで、実際には、つかってみないことにはわからないんですが・・・

今回、まず香りにビックリ

kikimateJelUp.jpg

アロマセラピーを長くつづけているので、合成香料は苦手なのですが、多分、まともなのが使われているだと思います。香料としか記載がないので、わからないけど、グレープフルーツの香りがして、すっごく気持ちいい。

もう、それだけで、ルンルンになってたんですが
UVケア下地にパウダーファンデくらいなら、楽〜に落ちます。

kikimateCleanRound.jpg

オイルなどに比べ、やさし気な感じですが、実は、意外な実力派であることが多いのも、ジェルの特徴。
これはけっこう落ちにくいリキッドファンデで試した結果ですが、

左がファンデを塗ったまま
右はキキメイトをなじませた箇所です。

右側だけ、キレイに落ちています。

kikimate結果.jpg

口紅のほうがインパクトがあるし色も判りやすいので、サイトに、実験動画が載せられていますが
こういう感じです。
↓↓↓↓↓↓


下地やファンデの種類との相性もあるかもしれませんが
某モンドセレクション受賞ジェルでは、落とせなかった組み合わせでも、落ちましたので、自分に合うクレンジングが見つからない 、と探してるなら、お試ししても損はないと思います。

刺激もあまりないので、アイメイクをおとすのの、目の際まで使っても、大丈夫でした。

kikimateジェル掌.jpg

オイルが入ってるとまつエクが落ちるそうですが、オイルフリーなので、それもOKとのこと。

真っ当に?一本だけ買っても初回は割り引いてもらえますが

定期コースだと、初回の割引がさらに多く、しかも、定期と言いながら、一回で終わっても大丈夫という、お客様ファーストな姿勢がうれしい(^o^)♪

kikimateBox.jpg

一応、定期なので、解約の手順は、ちゃんと読んで、申し込まないとダメですが、定期で申し込んでおくと、その後も割引が続くので、お得度は高いデス(^o^;)

個人的には香りがダントツで気持ちいいので、定期コースのお試ししておりてヨカッタなぁ〜と思ってます。

香りで癒されながらメイク落とし、いいですよぉ〜

kikimateのクレンジングを見る 》》》
posted by bibi at 12:31| Comment(0) | 洗顔 ♥ 美肌の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ふわっふわの大根おろしが楽〜〜〜に作れる「プロおろしV」はコスパも最強で激押しデス

切れ味バツグンだから疲れない「プロおろしV」の体験ルポです。

我が家にはじつは同じ「和田商店」さんの「業務用・プロおろし&スライサ―」がありまして、便利に使ってるのですが、今回一回り小さいのが出た!と聞いて、興味シンシンでゲット!

大根おろし2つ.jpg

正直、比べたら、あとは、最近料理教室に通い出した姪っこに進呈する予定でいたのですが・・・

できたのが、ふわっふわの大根おろし!!!

だったので、進呈は取り消しました(^o^;)

大根おろし中.jpg

たしか、NHKのためしてガッテンだったと思うけど、大根おろしって、つかう「おろし器」によって「ふわふわ」から「しゃっきり」まで、いろんなタイプが出来る。。。ということでした。

で「ふわっふわ」にするには、目立てが重要で、その時のイチオシは、銅の職人技が光る一万円近いお品だったので、いつか買おう!とココロに決めていたのでございますが

なななぁんと「プロおろしV」は、2138円よ。ほっほっほ。

大根おろし目立て.jpg

目立てのせいか、非常に軽い力でおろせるのが一番の魅力ですが、
サイズも2〜3人用に、ちょうどいいくらいです。

サイトでは社長さんが実演してくれていました。
この大根おろし「プロおろしV」では、おろし方で、ふわふわから、シャキシャキまで、作り分けられるみたいです。



で、わかったのは、偶然、くるくる廻すようにしておろしたので、「ふわっふわの大根おろし」ができたらしい、ということでした(@_@)

他にも、何気にいい仕事してるのが、底の滑り止めゴム!

大根おろし滑止.jpg

このおかげで、大根おろしを押さえるための、余分な力がいらないので、楽に大根をおろせます。
天板との相性もありますが、ピタッと吸い付くようだと、手を添ええる必要もありません

「水切り受け皿」というのも、良さげでした。

大根おろしの水切って、ぎゅ==っと絞りすぎると、味気ないし、かといって、ぐずぐずでも、ヨロシクない。自然に滴りおちるくらいで、ちょうどいいような気が・・・

大根おろし水切.jpg

で、実際使ってみたら、やっぱり、丁度いいくらいな感じでした。

いままでの「プロおろし&スライサ―」だと、けっこうストレスだった水切りが、この、ほんのひと工夫で、随分と使いやすいもんだと、感心したくらい。

おろした大根.jpg

ふつうは、大根の汁に埋没して、どれくらいの量かも、わかりにくいんですが、目安がつきやすいことも、実際にはかなり便利でした。

入れてみたら、お皿が小さすぎて盛り付けのバランスがよくないんですが・・・おろしハンバーグ。。。(-""-;)

ふわっふわの大根おろしなので、もんのスゴッく、ハンバーグに合いました。

おろしハンバーグ.jpg

いままで、じつは、大根おろしの粗さと、料理の相性まで、考えたことなかったんですが、これからは、もっと気をつかおうと決心した瞬間でございます。

たしかに焼き魚には、ちょっとシャキ感ののこる粗目のほうが、魚の身と合いそうですし
あんかけ料理にちょっと添えるようなときは、「ふっわふわ」が、きっと合うことでしょう!

手間なく、大根おろしの汁も、こされますので、このお汁も使わねば、モッタイナ〜イ(^-^)

大根おろし汁.jpg

おろしの汁には、多分、タンパク質分解酵素が沢山含まれているはずなので、お味噌汁に入れたり、ドレッシングに混ぜたりしたいですね。

ということで、大根おろしがメインという方には
「プロおろしV」
プロおろしV.jpg

オニオンスライスも良く作る、という方なら
「プロおろし&スライサ―」 も、おススメかな?
slicer.jpg

posted by bibi at 21:07| Comment(0) | 楽らく便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

メルヴィータのアルガンオイルで保湿力アップ♥美肌の基礎体力をつける

丁度アルガンオイルが欠品だったので、以前から気になっていたフランス製オーガニック「メルヴィータ」のアルガンオイルを試してみました❦

melvita.jpg

一般的には「保湿」にはオイルよりクリームかもしれませんが、添加物が入ってないオイル、良いですョ(^.^)/

オイルと言えば、ベタい・重い・臭う
手穴をふさいで、ニキビをつくるってイメージがまだまだ主流かも、ですが

シリコンやポリマー、保存料などが入らないのに、オイルそのものに、美肌成分が含まれているので、シンプルなものを探しているひとには、まさにピッタリ。

食用との違い


なんとなく、食べ物のほうが、質がいいいような錯覚がありますが
じつは、消化器官のない肌につけるもののほうが、上質でないとダメです。

不純物があると、刺激となって、アレルギー反応を起こすかもしれないので、化粧品のほうが、精製されています。

ただ、アルガンオイルは美容用は食べてはいけないらしいです(^o^;)
ぺろっと舐めたら、バージンオリーブオイルのような苦味があったで、おそらくは、後で書くけど、サポニンのせいかな?

melvita-0il.jpg

みたとおり、金色の液体ですが、実際につかう程度の分量は、ワンプッシュ・小さじ一杯もないくらいなので、透明な感じです。

いままで使ってきたアルガンに比べ、濃厚なナッツのような香りが、ちょっとだけありました。低温圧搾の一番搾りのせいかとおもったけど、非脱臭だそうで、そのせいみたい。

さすが、世界的にも名の通ったアルガンオイルですね(@_@)

パンフレットに書かれた特徴


パンフには「化粧水をごくごく飲みこむような」と書かれていましたが、使っているうちにそういう肌になる、というんならワカリマス。

melvita-panf.jpg

が、実際にあとで水分をスプレーしても、当然ながら、ほとんどはじくし、水滴は肌に残ったまま・・・これで、肌の内で抱え込むとか言われても。。。

普通に?水分や美容液のあとで好いんじゃないの?というのが正直なところです。

美容愛好家さま方はブースターとしてお使いとのことでしたが・・・

実際に使っても、オイル先で水が後だと、アルガン独特の重さが感じられるのに

melvita-Yubi.jpg

水が先でメルヴィータを後で使うと、非っ常〜〜に軽い。
肌になにか、つけている感じがしないくらいの軽さだったので、

オイルを先に使うよう、わざわざパンフレットで喧伝するようなことなのかなぁ〜と思いました。

これがおフランス流と言われれば、そうなの?ではありますが・・・

オイルに含まれている成分


クリームは、化粧品の中でも高価な部類なので
各社いろんな成分を配合してる、とうたっていますが

アルガンオイルそのものに、すでに色々な成分を、自然が配合してくれています。

特にメルヴィータでは、産地や製法に非常なこわだりをもっているので、パワフルなまま、手元に届けられている感じがしました。

melvita-seibun.jpg

主な成分として、載っていたのは、オレイン酸・リノール酸・ステロール

添加どころか、不純物を取り除くために精製したあとであっても、ちゃんと残ってるんですから、サハラで育つ木の生命力は半端ない!

●「オレイン酸」は化粧品では「オメガ9」という別名での表記も多いので、違うものかなと、わたしも思ってました。

酸化しにくく、熱に強い保湿力のあるオイルで、乾燥肌のひとには不足しがちな成分だそうです。

椿油、アボカド、オリーブオイル
が「オレイン酸」の多いオイルの代表選手

●これまたよく聞く「リノール酸」
こちらも化粧品では「オメガ6」という別名での表記も多い。

肌をやわらかくする働き、と
美白作用があるそうな・・・

●「ステロール」名前から、「コレステロール」を想像しましたが、いわば植物の「コレステロール」

潤いのカギと書かれていた、「細胞間脂質」のようなものらしく、潤いキープと、肌に弾力性と柔らかさを与えるそうです。

一種の乳化剤でもあるので、そこに注目して、洗顔後スグに使う、という使用法が書かれていたのかもしれませんね。

アルガンの抗酸化力


アルガンと言えば、まずは、抗酸化力だろう、とおもっていたので、パンフレットにその記載がないのが、不思議でしたが(^o^;)

melvita-box.jpg

アルガンオイルの抗酸化成分はビタミンEの一種、γ(ガンマ)-トコフェロールと、大豆でおなじみのサポニン

●γ-トコフェロールはシミを抑制する働きがあるので、サプリにも見かける成分ですが、モロッコで昔からフェイスオイルとして使われてきたのは、保湿もさることながら、シミ対策の意味もあったはず。

●サポニンは界面活性力が強い成分。

どちらかというと、薬品・食品のほうで有名かも、ですが、朝鮮人参・田七人参の成分で血栓予防などに効果があるけど、裏をかえせば、溶血作用があるので、アルガンオイルに関しては美容用は食用には適しません。

化粧品としては、天然の乳化剤的な役割があるので、むしろ良いのだろうと思います。

50mlで2か月は悠々


50mlと聞くと、少なっ!という感覚になりますが、おっそろしく伸びることをかんがえると、確かに、これくらいがジャストサイズでしょう。
melvita00.jpg
ワンプッシュで、顔なんか、ゆうゆうカバーできちゃいますからね〜
デコルテくらいまでは、ぜんぜん伸びます

まだ使いきってないので、断言はできないけど
2か月よりは、保つんじゃないかな〜〜

化粧水を使うかどうかは、肌質にもよるかもしれませんが、個人的には感触が軽くなるので、化粧水のあとにメルヴィータ、という使い方が気に入ってます。

オメガ6とオメガ9が入ったシミ対策クリームだと思えば
コスパは悪くない気がする・・・
メルヴィータを見る 》》》


posted by bibi at 23:24| Comment(0) | 保湿 ♥ 美肌の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

グルメラバーズのチリオイルが意外と使いやすかった件

オーストラリアのエキストラバージンオリーブオイルにチリを漬け込んだ
フレーバーオイルだそうです。お友達にきいて初挑戦。

白菜サラダとオイル.jpg

チリがどっさり入っていたので、正直、ちょっとビビったのですが、意外とマイルド。

瓶チリ.jpg

タバスコのような強力なパンチがないので、人によっては物足りないかもしれませんが、使いやすい刺激度?でした。

どうも、想像力が乏しいせいか、今のことサラダとか麺類にかけて使うことが多いんですが、あまりキツイ刺激がないので、意外と和食にも使えます。

これは春雨のサラダで、春雨にその時「余ってたハム」とシメジの炒め物をまぜたところに、チリオイルを入れてるとこ。ぽとぽとっと数滴です。

春雨サラダ1.jpg

ルッコラとプチトマトでカラフルにした春雨サラダ。

春雨サラダは、我が家の「アマリモノ消化用レシピ」の一つなのですが、今まではアクセントにゴマ入れたり、七味振ったりしていたのを、チリオイルでお試ししたところ、キリリと味が引き締ったので、ホクホクしました。

春雨サラダ3.jpg

香辛料が直接舌に触っちゃうことが無い分、七味よりマイルドなので、隠し味的に、結構万能で、便利だな〜と思いました。

これは、味の濃いお惣菜の箸休めとして、作った「白菜と人参」に「味付けノリ」を混ぜた即席サラダ。

チリのひとたらしで、コクがでるというか、アクセントがついたので、濃い味の途中で食べても、ボケた感じがせず「おっ いい塩梅じゃん」と思った一品。

白菜サラダ.jpg

ちなみに、レシピは見た通りの野菜ザク切に味付けノリだけで、ほかに調味料は無し。

サラダばっかりでもなぁ〜とインスタならぬブログ映えを考えて、綿料理もつくったけど、ほとんど見た目に差がつかず。。。絵的には失敗かも(^o^;)ですが、味はおいしかったです。

あまりタイの料理には詳しくないのですが、なんとくチリオイルならタイ料理かな?と思って、初めて作ってみた。タイ風の麺です。

タイ風麺.jpg

麺に水あめが練り込まれているようで、ちょっと甘いので、オドロキましたが、なるほど、こういうベースだと、チリオイルとか、合いそうですね。

スクランブルエッグと、中に入っちゃったけど、チェダーチーズを入れて、青菜を散らしました。

麺はゆで上げただけで、炒めたりしなかったので、チリオイルを、はじめてタラ〜〜っという感じで、大匙一杯くらいは垂らしてみましたが、そんなに辛くならなかった。

やはり、これは、タバスコのようなもんじゃなくて、オリーブオイルにチリの風味がついたフレーバーオイルなんだな、と妙にナットクしました(^o^;)

麺とオイル.jpg

小学生だと、どうだかわかりませんが、中学生くらいなら、お弁当のお惣菜にひとたらしすると、冷めても味が閉まるので、いいかも〜〜

チリだけのものとチリ+ミントがあって迷ったのですが、使っか感触では、和食にも使いたいならチリだけのほうが、使いまわしやすいかな、と感じました。

グルメラバーズさんでは、2017年秋現在、レビューを投稿したら、好きなフレーバーオイルをプレゼントしてくれるというキャンペーン中です ♥

だからコレ書いてるのかって、当然じゃぁあ〜〜りませんか お〜ほ〜っほっほ
みなさまも、投稿して一本貰っちゃいませんか?!

グルメラバーズオイルを見る 》》》
麺とオイル.jpg

2017年11月05日

しらさぎクリームは馬油とミツロウの良いトコどり ♥ マッサージにも使えてワセリン要らず

ポリマーとかシリコンとか、が入らない、人工的な成分のないクリームを探してたどりついたのが、いわばご近所の馬油クリーム。。。という、このご縁。
しらさぎクリーム
シラサギの名が示すように、兵庫県の姫路市で造られているクリームです。
昔は、馬油も姫路産だったそうですが、今は熊本産だとか。

しらさぎクリームの使い心地


みてのとおり、ぱっと見では、固そう〜〜

スパチュラで、すくっても、なんだかゴツゴツ?したような、いかにも「ロウ」っぽい感じがします。

しらさぎクリーム硬い

馬油の伸びが良いことは、長年の馬油ユーザーだったので、知っていたため、写真映え?するくらいの量を撮ったあとは、ジャーに戻しておいたのですが

まさに正解!
肌に乗せた時は、まだ固形っぽいですが

一旦指で伸ばしだすと、すぅ〜〜っと、
あっという間に、まさしく馬油!!!に戻っちゃいます!

しらさぎクリームを手の甲においたところ

一旦、液体っぽくなり、伸びたら、あとはもう馬油みたいなもので、伸びる伸びる。

小指の爪の先っぽの白い部分くらいで、手の甲などは、悠々カバーできちゃいました!

しらさぎクリームを手に伸ばす

馬油のいいところは伸びの良さと、浸透の速さで、使ったあとも、べたべたが残らないんですが。逆にいえば、表面にも残らないので、足がガサガサしている時には、ちょっと物足なかったりしたのが

蜜蝋と混ぜたことで、、ちょっとバリア感が出るのがいいですね〜〜
ポリマー類がはいってないので、変にツルッツルにならないあたり、いかにも自然な感じ。

しらさぎクリームを指につけたところ

特に指先だと、食べても大丈夫なもので、できているので、丁度いい感じのハンドクリームになります。

ラベンダーとローズウッドの香りつきのクリームでも、人工的な香りではないので、さほど残りませんし、どちらもやはり食品なので、料理前につかっても嫌味がないのが、ぐー(^-^)

ワセリンが使えない人におススメ


わたくしのように、ワセリンにアレルギーがでて、使えない人には、特に、いいんじゃないでしょうか。

しらさぎクリームと説明

ミツロウ自体に抗菌作用があるし、ワセリンのように、落としにくくない点も、個人的には大きなメリットだと感じました。

ワセリンは、塗るはヨイヨイ、落とすはコワイ。で、まぁ、ほんっと、取れません。
石鹸くらいじゃビクともしない。ベ〜ッタリと肌に張り付いた感触がとっても気持ち悪い。

塗っただけで痒くて使えなかったため、ワセリンとの差をあまり書けませんが、カバー力があるのに、簡単に落ちるというか、いつのまにか落ちている感じなのが、いいです。

マッサージに便利


正直・馬油もホホバも液状だし、いままでその二つをミックスして使ってことがなく、それぞれ単品で使った時と、ミックスして使った時の差まではわかりませんが(^o^;)

馬油は見た目クリームっぽくても、実際には、ほぼ液体なので、特に、夏場は扱いにくかった。

しらさぎクリームと馬油

ホホバは馬油よりはカバー力があるような気がしなくもないけど、やっぱり長くは肌表面にない感じです。

「しらさぎクリーム」は蜜蝋がはいっているせいか、肌に乗せるまでは、上の画像のように一応?クリーム状なので、家人にマッサージするとか、動きの速い孫に使う時にも、液だれを起こさず、これが意外と便利〜〜〜

馬油だと、結構ボタッと落ちたりして、シマッタなことが多かったのが、それが無いので、ストレスもなく、いやぁ〜〜便利!

無香のほうを選べば、マッサージ用に、ミントとレモンなどその時々に欲しい精油を自分で入れて、混ぜても使えます。

しらさぎクリームにaromaoilを混ぜる

ちなみに「しらさぎクリーム」は、30gなので15滴まで使っても、2.5%で、濃度的にはOKです。

これは、1か月半くらいの様子。白い容器に白いクリームなので、わかりにくいけど、そこが見えています。
30gでちょうど2か月くらい保つようで、ジャーにも書いてありましたが、分量も、よく計算されているなぁ、と思いました。

しらさぎクリーム2か月.jpg

何度か精油を混ぜてしまったため、もう、かなりゆるくなっていますが、それでも蜜蝋のキープ力は健在で、ミツロウに、想像以上の効果があることに、驚いております。

指先がひび割れる季節や、強すぎる洗剤で手が荒れた時は、馬油・ホホバより良さそう。

しらさぎクリームを見る 》》》
しらさぎクリーム0.jpg
posted by bibi at 10:36| Comment(0) | 本や漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

自宅で使える肌にやさしい脱毛器「トリア:tria」

自宅で使える、肌にやさしい脱毛器「tria」正式名は
「トリアパーソナルレーザー脱毛器4X」

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xグリーン

美容クリニックで使われている「ダイオードレーザー」の装置システムを
開発した発明家が在籍しているのが、「トリア・ビューティ」社

エステのでよく使われている「フラッシュ脱毛」より、
肌への影響が少ないとか、説明されました

わたしは、先日の催事で初めて知った、脱毛器「tria:トリア」でしたが
知ってるひとは、みんな知ってるんだね

帰って、友達に話したら、今頃?って言われた(^o^;)
ははは


トリアパーソナル・レーザー脱毛器

サロンへ通うのとは違い、毎日でも使えるっていいですね。
特に夜使えるのは、個人的に嬉しいかも、とちょっと興味が・・・

脱毛=イタイ
というイメージだったので

「痛くないですか」を連発して、苦笑されちゃいましたが
たしかに、痛くなかったです

若いコロとは違い、体毛にも覇気がない昨今
じ==っとみても、どこが、脱毛されたのか
ヨクワカランけど

こうして、催事の写真を見てみると、あ、
たしかに、10円ハゲみたいに、そこだけ
毛がない(^o^;)

レーザー照射アップ

サロンに卸してるですか、と、お聞きしてみたら、

「トリア・ビューティ・ジャパン」さんは、レーザーであっても、
ずべて、個人用
一般人が使っても安全な設計に、こだわってるそうです

アメリカのFDA(日本の厚生労働省のような機関)から、唯一、
認可がおりていて、カナダ、イギリス、韓国、でも販売されています

エステのフラッシュ脱毛より、肌への影響が少ないんだとか。。。

あ、そういえば、直に肌にあててましたね!

トリアを腕に使っているところ

エステではジェルを塗ることがほとんどなので、
特にジェルを塗る必要がないって、デモストレーションだったのかな (^o^;)

慣れてれば、2週間に一回、3か月も続ければ
ツルツルになるそうですが

使い始めは、一気に頑張ってしまうより
毎日ちょっとづつ場所ずらして、
が良いと思います、と言われました。

たしかに、一般向けとはいえ、
クリニックレベルのものを扱うんですから、慣れるまで
無理は禁物・・・

照射口も、わりと、小さい(^^ゞ

トリアの照射口

サロンに予約して、行って、施術して、という手間を考えたら
自由度の点で、かなり、お得かも

脱毛サロンは「お試し」こそ、お安いですが
本格的に、脱毛しよう、と思えば、お金もさることながら
時間も、そこそこかかりますよね

レーザーより、肌への負担もある、となれば
往復のUVケアとか、肌対策も、必要です

トリアなら、一度買えば、それこそ一生使えますよね
しかも、好きな時に、好きなだけ・・・
いや、30分で充電は切れるそうですが(^o^;)

トリアのダイオード・レーザー照射レベル

使ってるときは、上にライトがつくので
強さのレベルも、わかります

あ、そういえば、コードレスでした!
脱毛器機なら、コードレスなのは、ありがたい!

ふぅぅむ
いいかも、トリアで自宅脱毛

カートリッジなどの交換部品はなく
30日の返品保証があるので
万が一、肌に合わなくても、返品できて、安心です

同じ買うなら
返品保証がある公式サイトがいいのでわないでしょうか?
いまは、スージングジェルがつくキャンペーン中でした(^^)/
家庭用レーザー脱毛・トリアを見る 》》》


posted by bibi at 22:50| Comment(0) | 脱毛 ♦ 美肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする