2016年02月23日

美容オリーブオイルで保湿力アップ

オイルと言えば、ベタつくとか、重いとか
手穴をふさいで、ニキビをつくるってイメージ

保湿剤といわれてもピンとこないかも、ですが
オリーブオイル「ハダミル」は、思っていたより保湿クリームとして
優秀でした!

保湿クリーム代わりに使えるオイル:ハダミル


ハダミルoil手のひらに.jpg

料理用とは違い、香りもなく、使いやすい

ただ、ブースターとしては、どうかなぁ〜 個人的には
普通に?水分や美容液のあと、のほうが好いと感じました

クリームは、化粧品の中でも高価な部類だし
各社いろんな成分を配合してる、とうたっていますが

オリーブオイルそのものにも、意外と、いろ〜んな成分が
はいってるんですね〜

オレイン酸 リノール酸、スクワラン、ポリフェノール
ビタミンB、A、クロロフィル

添加どころか、不純物を取り除くのに、精製したあとにも
ちゃんと残ってるんですから、アッパレというか
自然のパワー恐るべし!

美容オリーブオイルのパワー


ハダミルのオイルの様子.jpg

オリーブオイルに多い「オレイン酸」は、じっさい、乾燥肌のひと
には不足しがちだそうです。椿油、アボカド、スィートアーモンド
が「オレイン酸」の多いオイルの代表選手

「スクワラン」も保湿成分ですが、新陳代謝を促す作用でも
有名で、これだけでOKというメーカーもありますね

これまたよく聞く「リノール酸」
化粧品ではオメガ6という別名での表記も多いので
違うものかなと、わたしも思ってました

肌をやわらかくする働き、と美白作用があるそうな・・・

抗酸化成分のポリフェノールはワインやチョコでおなじみ
ビタミンAは、昨今の流行りでは「レチノール」のほうが
化粧品では、とおりがいいかも

中身は100%オリーブオイルだけで、無添加なのに、こんなにもたくさん
美容成分が入ってるから、「美容オリーブオイル」なんですね

ハダミル瓶の裏.jpg

油膜で、水分の蒸発を防いで、乾燥からも守ってくれますが
薄い、ベールのような膜であっても
花粉やPM2.5などのアレルゲンからも、守ってもらえます

酸度0.38%は高品質のあかし


オリーブオイルの等級もいろいろありますが
バージンオリーブオイルと名乗れるのが酸度2.0%以下
エキストラ・バージンが0.8%以下

ハダミルは0.38%と書いてあるので、はるかに低く
相当に高品質なのがわかります

そのプライドのせいか、エキストラバージンではなく
「エッセンシャル・オリーブオイル」とラベルにありますね

ハダミルessential.jpg

なんとなく、口に入れるもののほうが、高品質ってイメージが
ありますが、肌には、胃や腸のような消化器官がないので
微細でも、不純物があると
かゆみや、赤みの引き金になる可能性があります

瓶も食用にくらべたら小さめで、人情として、エコノミーな?
大瓶が欲しいとこですが、酸化が早い、という性質と

おっそろしく伸びることをかんがえると、
確かに、これくらいがジャストサイズでしょう

ワンプッシュで、顔なんか、ゆうゆうカバーできちゃいますからね〜
デコルテくらいまでは、ぜんぜん伸びますから

まだ使いきってないので、断言はできないけど
2か月よりは、保つんじゃないかな〜〜

定期購入.jpg

トライアルがない代わりに、30日間の返金保障があるので
長く試せるのも、イイと思います。
相性もあるでしょうけど、一か月あれば、さすがにわかる

洗顔剤にもよりますが、化粧水なしで、これだけ塗っても
わたくしの肌では、充分、うるおいました。

10日もすれば、かなり変わってきます。
オイルなので、クリームも要らず、マジこれ一本

コスパも悪くないので、気に入りました。
P.S.
「ハダミル」さんは、急に販売をやめてしまったようで、残念ですぅ。





  


posted by bibi at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。