2016年03月26日

絶頂睡眠を呼ぶドライヘッドスパの正しい受け方

スパとついてますが
水をつかわない、ヘッドマッサージ

私もじつは、ヘッドマッサージの受講証明ありますが
ドライヘッドスパ専門の資格もあるようですね

リクライニングチェアにすわって
施術してもらう処が多いようです

ヘッドスパ用チェア

首の後ろも支えがあるので、私が習った方法や、
美容室でしてくれるような
空中に頭があるままのマッサージとは、随分と違います

そういえば、確かに・・・下から引き上げるような
頭皮の筋肉を持ち上げるようなイメージでしょうか

ツボを「押す」のとも、ちょっと違う

目のツボは額の生え際だけでなく
首筋の上にもあるので、
目も、かなりリラックスします


肩もほぐれるので
「絶頂睡眠」という
急速に深〜い睡眠に入れます

頭の芯が疲れてるようなときは
フットマッサージより、満足感があると思います

頭は顔の皮膚ともつながっていますので
顔色が一段明るくなったり
リフトアップしたり、という効果もあります

これはゴッドハンドの方にお聞きしたことですが
ぐちゃぐちゃ悩んでいるような時

モンダイ解決しようと、していまいと
一旦、気持ちをスパッと切り替え
それから
ドライヘッドスパを受けるのがお薦めだそうです

つまり、施術してもらいながら
「あ〜〜でもない、こ〜〜でもない」と、頭つかうより
いわば、空白の状態で臨む、ってことかな

そのほうが、同じ時間、同じように施術しても
効果の出かたが違うんだそうです

施術後の世話話とかしてるうちに、気付いたそうで
以来、お客様には、お伝えしてるんです〜〜〜(^!^)
と言われました

ウダウダ悩んでいても、ガックンと「絶頂睡眠」には入るし
グッスリ寝ちゃうんですが、
言われてみれば、起きた時の爽快感が違っていたかも・・・

自分次第で、変わるというのなら
同じ時間、同じお金、で、いい結果を得たいですよね

みなさまも、お近くの「ヘッドスパ」をご利用の際は
ココロを空にして、お臨みくだいね〜

以上、ドライヘッドスパの正しい?受け方でした〜〜





posted by bibi at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。