2016年04月07日

「ドライヤーの熱で髪を守る」リペアミルク

uruotte リペアミルクに興味をもったのは、
ドライヤーの熱で、髪を守ってくれるトリートメント、と
聞いたからです


「ドライヤーの熱で髪を守る」
って発想には
驚きました!しかもハーブの成分で?

で、サンプルサッシェを2袋だったかな
貰って、興味シンシンで使ってみました

うるおつて到着

正直、興味はあったけど、期待はそんなに
していなかった(^o^;)

目で見て、差がわかるようなものでも
なさそうだし〜ねぇ〜

トコロガ、結果は一回で、バッチリ違いがわかり
驚いたのなんの

Uruotteリペアミルクの使い方



洗い流さないトリートメントのように
タオルドライした後、まだ濡れてる状態で
使います

リペアミルクの質感

シャンプーとは逆に
地肌にはつけず、髪の毛だけにつけます

手でタオルドライする感じで
わしゃわしゃっ、と髪をつかみながら

指先に付けたリペアミルクを
髪にうつすかんじで使います

最初は、トリートメントのように
髪にまんべんなくいきわたるように
けっこうたっぷり目につけましたが

多すぎると、重く感じるので
ケチる程度でちょうどいんですよぉ〜(^!^)

セミロングの髪量だと、サンプルのパウチ
半分も使わなかったです

今サイトを見ると、4日から6回分になってますね(^o^;)
マジそれくらいなので、一泊の旅行にもっていくと
勿体なくて・・・

パウチでなくて、ミニボトルにしてもらいたい
う=ん、いや
クリーム容器でもいいかな〜
指でとって使うほうが、使いやすそう

リペアミルクは少量で十分


ま、多いと、効果もバッチリ感じられるから
いいかもしれませんが

ふつうに、トリートメントの要領で
つけたら、多分、つけすぎですので
使うなら気持ち半分の量でいいと思います

慣れてきて、適量がわかるようになると
むしろ、少ないほうが髪も軽く
地肌につくこともなく、快適度が増します

ミルクというくらいですからUruotteリペアミルクは
粘度はひくく、さらさらした液状

一度に大量に手のひらに出すより
指先に、けちけち出してつかうほうが、髪全体に
片寄らず、まんべんなくつけ易いです

たしかに「うるおって」る==って感じ


うるおってリペアミルク裏

あとはドライヤーで乾かすんですが
水気が飛ぶせいも、勿論ありますが
髪の感じが変わっていくのが、わかります

パサつくこともなく
水気が飛びすぎたって感じもない

この感触は、あきらかに、Uruotteリペアミルク
を使ったせいだなって
たぶん、ほとんどの方が、感じるんじゃないかな〜〜

香りも人工的なものではなく
アロマオイルの、自然な香りなので

ドライヤー使ってる時も
指先に残ってる香りも嫌味でなく気持ちいいです

興味半分でしたが
即、買ったのは言うまでもありません

リピートしてますが
なにしろ、あんまり減りませんので
コスパも非っ常〜に、よろしいです


いまは、Uruotteリペアミルクだけのトライアルが
なくなっちゃってますけど、

本体にシャンプーがついたセットが
今だけ!初回限定 で出てます(^^ゞ

こちらに書いたように 》》》 シャンプーも勿論いいので
シャンプーのトライアル付はお得です!パウチもつきますしね

uruotte リペアミルク

うるおって全製品








 



posted by bibi at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。