2016年04月21日

吉木信子新版・今さら聞けないスキンケアの正解

新版「今さら聞けない スキンケアの正解」が
2015年7月に出ていました

新版 今さら聞けないスキンケアの正解 (主婦の友実用No.1シリーズ)



シミや皺、美容医療について、正確な知識がほしい、とき
コンパクトで安心できる一冊です

スキンケア全般のトレンドも知ることができますが
特定の商品をプッシュしないよう気を使っているので

紀香バディのように、指名買いに使えないのが
まどろっこしかったりしますけどね(^o^;)

いままでの本と内容に大筋変化はありませんが
洗顔の説明が、丁寧になっていたのが印象的

昔はざっくり「せっけん」が一番
で、終了でしたが
タイプ別の説明が追加されていました

実は、この先生の御本が「せっけん」に興味をもつ
きっかけになっただけに、興味深いです

基本的に「ふつうのお化粧品」を使うという
スタンスなので、ダブル洗顔のままではありますが

基準をどこにするか、には、きっと先生も悩まれて
おられるでしょうね〜

わたしのように、顔を洗う回数は、ぜったい
一回でなきゃヤダ という人間だと、
この時点で、読む本を間違えたような気になります

が、安心してください!
ちょんとした皮膚科医のセンセイなので
ほかの記事は十二分にお役立ちな、ご本です(^o^;)

肌のうるおいを保つには、なにがいいのか?


肌の乾燥にたいして自分がとってきた対策が、
いまでは、どうも、間違っていたらしい、などの
おにゅーな事実は、ありがたいですね

専門の皮膚科でも、時々に主流の意見はあると思いますが
いまは化粧水のあとクリームってのは、やらないよりはマシな程度だそうで

セラミドで水分を保持するのが、メイン

油分でフタしても
中の水分が増えるわけじゃないのは、なるほど
道理です

肌のなかにある保水層:細胞間脂質に、水分をいれこみ
キープさせましょう、ってことです

パンにそのままラップ巻いても、中身の水分は
外には出ていかないかも、だけど、ラップに中身の水分は増やせない
肌もそんな感じなんでしょうね

センセイのおすすめでは美容液のジェルタイプ

ただ、セラミドは油性なので
個人的にはクリームに配合されたもののほうが
いいのでわ?と、考え、探しているところです

最近でこそ増えたけど
ヒト型セラミドがはいってるのはアスタリフト
ETVOS、ディセンシアなど、それほど多くはありません

紫外線対策と美白


保湿いがいでは、今やもう常識なってる
紫外線対策

本では紫外線対策は、必ずしてね、というだけで
医療の立場からみた、「美白」についての記述がほとんど
ですが、美白化粧品選びの参考にはなります

あと、おおざっぱながら、医療費用の目安も
書かれているので、それも参考になりました





  


posted by bibi at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。