2016年04月29日

光老化の恐ろしさを知る

光老化(photoAging)というのも、時々目にする言葉です
紫外線が肌の老化を促進することから
できた言葉

超有名なのが、顔の半分がボコボコに日焼けした写真
69歳の男性ですが28年間のドライバー生活で、左だけに
浴び続けた結果だそうです

he had driven a delivery truck for 28 years. Ultraviolet A (UVA) rays transmit through window glass, penetrating the epidermis and upper layers of dermis. Chronic UVA exposure can result in thickening of the epidermis and stratum corneum, as well as destruction of elastic fibers. 引用元:http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1104059



この記事では
車のガラス越し!!!と書かれているからガラスを通過するってことです
エラスチンを破壊する!!!ともありますね

目の位置まで変わってるくらいのすさまじさには
インパクトがあります

SPFでおなじみの紫外線B波:UVBも、炎症をおこし
ダメージを与えるし、メラニン沈着させますが

+マークで表示される紫外線A波:UVA、なかでも
長波長の紫外線A波:DeepUVA LongUVAは
真皮の奥にまで届くので、まさに老化促進光なんですね〜

繊維芽細胞を阻害してコラーゲンやエラスチンなど
肌の弾力の元を壊されるんじゃ、たまりません

左右の目の位置が変わるくらい、肌に力がなくなるとは!
肌の表皮も硬そうで、ボコボコになっています

とりあえず

UVケア、特にUVAに対しては、真剣にとりくもう!!って
思える写真です

ガラス越しでも、こうなるんですから
ガラスにUVケアするとか
カーテンとか、そのあたりも、視野にいれたほうが
肌にもいいですね

家具の日焼けや畳の日焼けは、「なるもの」
くらいの感覚でしたが
ちょっと考えなおそうかな、っていう気になりました


posted by bibi at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UVケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。