2016年05月14日

ファイテンの「純金ピンクのおいしい水」お味は

ファイテンからでてるピンクがきれいなお水
「純金ピンクのおいしい水」です

ファイテン金の水のボトル

金の水って書いてあるから、興味シンシン
純金がペットボトルに入ってるのが、キッチュです

「純金ピンクのおいしい水」は、清涼飲料水(^o^;)


ミネラルウォーターに金をいれたのか、と
思いましたが、どちらかというと、清涼飲料水で
ほんのちょ〜っと酸味がありました(^!^)

パッケージにも酸味料ってあった(^o^;)
金は、なんと、着色料として、記載されてました(@。@)

ファイテン「純金ピンクのおいしい水」内容表示ラベル

肌に使えるかと思いましたが「おいしい水」というのは
飲料専用ってこともあったのかな

勘違いしていたミネラルウォーターに金を入れた製品、名前は
「アクアミルムG」で、金の含有量は、ピンクでないことでも
解るように、薄くなります

ファイテンAquamirumアクアミルム

ファイテンの技術で、体の内側からもサポート


薬事法の関係で効果は、書かれてないけど
「ファイテン」がだす、という処で、なんらかのフィットネス効果は
あるだろうな〜〜〜って想像しちゃいます(^o^;)

ファイテンのオンラインショップでのうたい文句は
「体の隅々まで潤いを届け、体の内側から健康と美容をトータルにサポートします」
でした

新しく出ていたアクアミルムGミリオンのほうは純金10ppmと
「純金ピンクのおいしい水」の5倍量がはいってます

ファイテンAquamirumG説明

アクアミルムGとブレンドしてお飲みいただけます、ともあったのが、
なんか、すごいです。そこまで研究されてるんですね
オススメは4:1(アクアミルムG:アクアミルムGミリオン)だそうです

お正月に金箔いれたお酒のむと命がのびるっていいますもんね

そういえばショップ店頭で釘がさびない実験をやっていたので
やはり、還元力ですかね
水素水や炭酸水の金バージョンですね

化粧品全体の名前がアクアゴールドなくらいですから
美容効果があるのは多分、カクジツ

金のいろの不思議


そうか、アクアチタンはオンリーワンのすごい技術なんですね
実際たくさん使ってるんですが、なんとなく、でした(-""-;)

金って、微量だとピンクになるんですね

ファイテン水を注ぐところ

そおいえば、ベネチアングラスの「赤」は「金の色」だと聞いた記憶が・・・
う=ん、化学の授業で実験した記憶もあるような・・・気がする

火に入れると、ぼっっと紅い炎があがったような

ファイテンは東銀座にサロンもあって、酸素カプセルまで試せるんですね!!!
アスリートだけのものかと思っていましたが、こんなこと体験できるなんて!
調べてヨカッタかも(^o^;)



インゴットのような「塊」になると、まさしくゴールドな
山吹色なのに・・・

金イコール、ゴールドな色ではないのが
面白いというか、不思議ですね〜
屈折率とかの関係なんでしょうか?

ってウィキペディアで調べたら、あっさりでてきました

金は単体では金色と呼ばれる光沢のある黄色い金属であるが、非常に細かい粒子状(金コロイド)にすると黒やルビー色に見える場合があり、時には紫色になる。これらの色は金のプラズモン周波数によるもので、主に黄色と赤を反射し青を吸収する。このため、薄い金箔を光にかざすと、反射と吸収の谷間にあたる緑色に見える。


ファイテンの水が黄味がかったピンクなのは、だから、ですね
金箔を日にすかしてみたことはなかったけど
来年のお正月用に買ったら、やってみよっと

金の水で体のうちからサポート


水も百花繚乱ですが、金入りのみず、ということで
抜ける心配がないのは、好いですね

金の含有量や、甘味料のあるなしなど、選択肢も豊富
個人的には色で、惹かれて「純金ピンクのおいしい水」からはいったけど

ナチュラルウオーターで、使い勝手がよさげな
「アクアミルムG」も、いいかも、と思いました
金の含有量をあげたければ、5倍入ってるアクアミルムGミリオンもあるしね(^^)/
「純金ピンクのおいしい水」はこちら 》》》








  


posted by bibi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。