2017年06月14日

バランシングセラムCは最新のビタミンC誘導体

毛穴たるみが気になり始めたので、
手持ちの美容液を使ってみようか、と思っていたところ

展示会で行き合わせて知ったのが「バランシングセラムC」
BalancingSerumC

ビタミンC高濃度美容液


バランシングセラムCは、最新の保湿型ビタミンC誘導体が
メインのため、高濃度なビタミンCが期待できるとか、で
興味を引きました。

今までも、ビタミンCの多い美容液はいくつか使ったことがあります。

「成分は良さそう」だけど、使用感が難しいアイテム
と思い込んでいました。

NEbalacingClemon.jpg

ピリピリするものや、ぺったり感があるもの…
なかには、つけたらなぜか乾燥してしまう?ようなものなど
なかなか、イイネ!な製品が少ない。

バランシングセラムCのテクスチャー


そうそう、バランシングセラムCにはスポイトがついてるので、量の調節がしやすいのも特徴です。

スポイトでぽとっ、と落とし・・・

Natural Elements バランシングセラムCのテクスチャー

斜めにすると、すぐ垂れちゃいます。

美容液のようなとろみがなく、脂っぽくもないため、化粧水のようで、クリームの重さや、ゲルのべたつきが嫌いな人にはいいかも。

バランシング・セラムCはスポイトで分量を調節しやすい

正直、ぬってすぐ効果が出たりはしないので、
まだ経過観察中ではありますが

成分を厳選している、というのは、感覚的にわかる感じです。
肌に負担がないので、続けやすい。

NEB成分.jpg

ビタミンCの効果


オールマイティともいえるビタミンC、
いわゆる抗酸化力が高いことで、まずはシミ

わたくし達世代だと、日焼けだけでなく、経年劣化?
もあるので、還元力の強いビタミンCは頼もしい助っ人

vitC.jpg

シワも、コラーゲンやセラミド生成をサポートしてくれるので、
なにもしないよりは。。。きっとマシ?

毛穴のひきしめなど、皮脂の抑制にもかかわってくるようで
まさにオールラウンドプレイヤー

ビタミンC誘導体


肌にはお役立ちなビタミンCも、そのままでは、
あっという間にこわれてしまうので、化粧品だと
「ビタミンC誘導体」というカタチにされることが多いです。

肌につけられてから、徐々に変わっていくようなもので
多いのは「パルミチン酸アスコルビン酸3Na:APPS」
と表示されていれば、それが「ビタミンC誘導体」です。

NEBbox裏.jpg

ですが、ナチュラル・エレメンツの「ビタミンC誘導体」は
「3-o-グリセリルアスコルビン酸:VCエチル」というもので、
皮膚科医が処方するような、成分だそうです。

処方される濃度は、おおむね2〜5%だということですから
バランシングセラムCの10%は、かなりの高濃度

業界最高水準というのも、うなづけます。( 一一)

「3-o-グリセリルアスコルビン酸:VCグリセリル」は
即効性・持続性・安定性・浸透性に優れているとか(@o@)

ビタミンC誘導体の表記

ビタミンCといえば、の刺激も少ないとなれば、
ほかのものは使えない気がするくらいですね(@_@)

この成分がメインの化粧品って、ほとんどがいわゆる
ドクターズコスメ、それも、どちらかというと処方箋がいるような
製品が多いですね。

ドクターズコスメレベルの美容液

ナチュラル・エレメンツの「バランシングセラムC」は
クリニックレベルなのに、クリニックに通わなくても入手できる
という点でも有難いかも・・・

バランシングセラムCを見る 》》》



posted by bibi at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。