2017年06月23日

博物館級を間近に体験できるジュエリーフェア

ジュエリーを楽しむあたらしい作法 という記事にも書いた
「JEX宝石ギャラリー大阪駅前店」(大阪市北区)さんで
2017年6月25・26の2日間、ピリオディック(年代物)ジュエリーフェア〜が開催されます。

JEX宝石ギャラリー

朝日ファミリーの記事:http://www.asahi-family.com/life/7296 にも掲載されていましたが、
博物館級の宝飾品を見ることができる貴重な機会なので、
興味のある方はぜひ〜

お値段から、ひとつ「買う」だけで精一杯なのに、頻繁に「買い替える」とか
そもそも庶民の頭には浮かばない発想ですが・・・( 一一)

ハイジュエリー.jpg

どう考えても、おかしいだろうこの値段?というくらい、お値打ちな品が
ゴロゴロしているので、リーズナブルに本物を調達できる超ラッキーなギャラリーです。

リーズナブルなのには、もちろん訳があり、いわゆる「ユーズド」だからです。

そこだけ聞くと「質」や「リサイクル店」と、どう違うの?という感じですが、
こちらでは「買取」しない方式のため「すぐにお金にしたい」と手放されたモノは
ありません。

ルドルフコース指輪.jpg

すべて「代理」で店頭やWEBに並べているだけなので、
「売り急ぐ」ような事情のある方の宝飾品がないから、暗いオーラがないんです。

このあたり、実際に実物と対面すると、よくわかります。

正直、普通の宝飾店では見たこともないような凝ったものが大半なので、
同じ「ユーズド」でも「リサイクル品」というよりは「アンティーク」級

デザイナーや職人の手のかかった、まさに輝くような品々が、並んでいます。

tiffany.jpg

著名なメーカーであればあるほど、他のブランドやデザイナー作品とは
一緒に展示されたりしないものですが「JEX宝石ギャラリー」では混ぜこぜ。
いろんなタイプの宝飾品を比べるたのしみまであるんです。

人様が使ったものでも、年月がたてば時代を背負った「アンティーク」
でも、そこまで時間がたってないと、価値がつかないんですよね。
ある意味、とってもお得といえましょう。

「JEX宝石ギャラリー」では、その信頼のネットワークにより
年2回いわば宝飾品のワールドツアーがあり、博物館級の宝飾品がお目見えするんです。

ハリーウィンストン氏が手掛けた一品ものや、42.23ctのコロンビア産エメラルドなど、
今や、望めもしない、あり得ないくらい貴重なものが、ザックザク。

フェア案内

今でこそ、一般人でも、婚約指輪用のスペースには、入れてくれるハリーウィンストン
ですが、元来が、ぽん、と億の買い物ができるようでないと扉すら開けてもらえないようなブランド。

いまでも、目がよければダイヤモンドの質の高さは、一目でも判るくらい違うらしい
(注:視力2.0超えの友人言)ですが、それが、ハリーさんの手になるものとなれば・・・
100年たっていようがいまいが、凄いモノです。

一応、目玉として掲載されてはいても、日本に来るまでに、他国でお買い上げ
されてしまうことも多々あるようで、ワールドツアーの順番によっては、日本到着まで
もたない品も多々あるようですが・・・

今回はフィラデルフィアの大富豪の所蔵品の一部も破格値で出展される予定だそうです。
破格値といっても・・・大富豪のモノじゃ、どの程度の「破格」かが気になりますが

emerald.jpg

できれば、今後、目の保養にだけでも、観に行きたいものだとおもっております。
2017年第59回 「世界のピリオディック(年代物)ジュエリーフェア」
6月25日(日)・26日(月)「JEX宝石ギャラリー大阪駅前店」
6月27日(日)・28日(月)「JEX宝石ギャラリー銀座店」
JEX宝石ギャラリーをチェ〜ック! 》》》
DSC00785.jpg



posted by bibi at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。